愛知東邦大学

AICHI TOHO UNIVERSITYTOHO Stories

TOHO Learning House

TOHO Learning House(学生寮)で他にはない4年間を

キャンパスライフ2021.06.21

経営学部地域ビジネス学科 2019年度入学

小澤 侑史

愛知東邦大学の学生寮はTOHO Learning Houseとして、
1部屋最大6人の共同生活やゲストハウスの運営など・・・少し変わった取り組みをしています。
寮長の小澤さんにコロナ禍前の活動内容を含めたお話や、自身の成長した部分などをお伺いしました。

共同生活とゲストハウス運営

―TOHO Learning House(以下TLH)について教えてください
TLHは学生寮とゲストハウス、2つの役割があります。
2階がゲストハウス、3.4階は学生寮になっています。ゲストハウスは学生が中心となって運営しています。
寮は一部屋最大6名の共同生活です。

―ゲストハウス運営はどんなことを行っていますか?
予約の管理・受付・問い合わせ対応などの業務や、掃除や設備チェックなど、お客様が快適に過ごせるための作業、
そしてお客様とのコミュニケーションも大切な要素の1つです。
日本人のお客様はもちろんのこと、海外からやってくるバックパッカーのお客様も多く、あらゆる人の目線に立ちながら工夫・改善を随時行っていかなければなりません。
そして、予約数を増やすためにはどうしたら良いかといった経営戦略も考えます。
頻繁にミーティングを行い、アイデアを出し合い意見交換をしています。

ーゲストハウスの再開が、待ち遠しいですね(2021年6月現在は休業中)
再開した時、どんな動きをしていくべきか話し合いを重ねています。
一番の検討事項は感染リスクを極限までなくすこと。
コロナ禍でずっと休業していたため、現3.4年生しか実際に運営をしたことがありません。
1.2年生をどう指導していくべきかも考えています。
今の時間を活用し、また再開できる日を信じて仲間と共により良いゲストハウス作りをしていきます!

詳しくはこちら
TOHO Learning House(学生寮)について詳しく知ろう!


前向きになれなかった過去と今

―なぜ、TLHに入寮しようと思ったのですか?
入学当初、両親がTLHの活動を知り、勧められたことがきっかけです。
入寮して半年は大学生活の楽しさに流され、ゲストハウス運営にはなかなか前向きな気持ちになれませんでした。
その時、当時の寮長である末廣さんと同室だったのですがゲストハウス運営に本気で取り組む姿勢を間近で感じました。
そして、「誰かがやってくれるから。」と思っていた自分の甘えに気付きました。
1度しかない大学生活を有意義な時間にしよう!と気持ちを入れ替え1年生の夏から本格的にゲストハウス運営に携わるようになりました。

ー寮での共同生活について教えてください
ルールがないので、部屋ごとに雰囲気は様々です。
今は、1年生2人と中国からの留学生1人と自分の4人です。
文化の違いで困ったことも今のところありませんし、中国語の授業でわからないところを教えてもらったりしています!
自分の部屋はみんなで、料理することも多いです。
最近は、アヒージョやお好み焼きを作りました!

―トラブルなどは起こったりしないのですか?
大きな問題は、今までなかったです。
1年生のころに洗濯物をため込みすぎて、部屋が散らかっていた寮生がいたので注意したくらいです(笑)
ルールがない分、自由ですが他人を思いやる気持ちは必要かもしれません。

TLHでの活動が成功体験に繋がる

―TLHで行っている、その他の活動について教えてください
地域の方との交流が多くあります。
防災訓練や運動会に参加、お祭りで屋台を出すなど、TLHは地域活性化の役割もあると思っています。
また、年に一度学内で「地域と連携した授業・活動報告会」というものが開催され、毎年TLHでの取り組みをプレゼン発表しています。

―TLHでどんなことを身に付けることができますか?
たくさんありますが、大きく2つあります。
1つ目は前段で話した通り、ルールはありません。
それを緩いと感じる方もいるかもしれませんが、決められた規則に従うのではなく自分で常に考えて行動しいかなくてはならないため、柔軟な考えを持てるきっかけになります。
2つ目は1人1人がリーダーになる機会があるため、リーダーシップが身につきます。
自分の考えが直接、運営に直結するため発想力や想像力が身につき、成功体験に繋がります。
自分自身も、昔より積極的になったね!変わったね!と周りの人に言われ、その影響で入寮を検討している友人がいるほどです(笑)

―入寮を考えている方へ一言お願いします
共同生活やゲストハウス運営を通して、自分の人生と真剣に向き合えます。
TLHで過ごす日々は他では体験できない経験です。
社会に出る前、最後の4年間。有意義な時間にしましょう!

詳しくはこちら
InstagramでTLHの活動を見よう!

関連記事

トップに戻る