愛知東邦大学

教育学部

教育内容・特色

資格があれば“先生”になれますが、それだけでは本当の意味での“先生”にはなれません。現場での対応力や子ども一人ひとりに寄り添う力、そして豊かな表現力をもった“先生”を育成します。

POINT

保育・教育現場で必要な表現力を鍛える

様々な問題や課題が数多く存在している保育・教育現場で必要なのは、それらに向き合う思考力・判断力や、豊かな表現力。小学校教員・幼稚園教員・保育士になるための免許・資格に必須な知識と、基礎的・実践的な技能を身につけます。

学部概要

進路に合わせて選ぶ2つのコース

教育学部子ども発達学科では、めざす進路をかなえるための免許・資格が取得できる2つのコースがあります。授業による知識の習得に加え、現場体験を重ねることで教育者・保育者としての意識と専門性を身につけます。

学生一人ひとりの希望する進路先や、自治体に合わせて実施される講座

小学校教員・公務員保育士として働くためには、採用試験対策が必要。愛知東邦大学では、学生一人ひとりの能力や特性を教員が把握し、希望する進路先や自治体に合わせたきめ細かな合格支援を行っています。

面接(集団・個人)
各自治体に合わせた想定質問をもとに、最新の教育課題も織り交ぜながら模擬面接を行います。学生は、自分自身で答えを導き出す練習を重ねていきます。

集団討論・場面指導
模擬練習を繰り返し行うことで実践力を身につけます。また、教員が個々のレベルに合わせた指導を行い、学生はそれを踏まえてコツをつかみます。

小論文
教員が分析力や構成力、文章力など細かくチェックし、個別に指導を行います。学生はアドバイスをもとに繰り返し小論文を書くことでレべルを上げていきます。

願書作成指導
願書の書き方や、自己分析に基づいた志望動機を指導。教員が学生と面接を行い、長所を引き出して本人に気づきを与え、学生はそれらをもとに文章化します。

筆記試験対策
保育士対策では、一般教養、専門科目(保育原理)など、小学校教員採用対策では、教職教養、教科専門、小学校全科など、多岐にわたる分野の講義を行います。

模擬授業・実技
実際の試験において想定される場面に合わせて対策を行うことで実践的に学び、体得していきます。また、音楽や体育といった実技対策も行います。

授業紹介

サービス・ラーニング

サービス・ラーニングとは、保育所・幼稚園や小学校、各種施設を訪問し奉仕活動を行うことで、現場体験を得る学びです。現場に出て、子どもとの触れ合いを通して、様々なことを経験し学んでほしいとの願いを込めて、1年次から実施。このような取り組みにより、子どもたちや保護者、先生方との接し方を学んでいきます。

1年次から現場体験を積み重ね、保育・教育現場を肌で感じ、気づきを得ます

小学校・幼稚園での活動
地域の教育現場から活きた学びを得るために、小学校や幼稚園などで1年次から活動を行います。入学後5月には名東区内の小学校で運動会運営を手伝います。

文化的活動やイベント企画の参画
市役所や児童館、文化センター、図書館でのイベントの企画運営を実施します。文化的事業への参画を通して、地域における子育てや教育を体感的に理解します。

地域の施設との積極的連携
サービス・ラーニング実施後も、学生自ら学校や園、施設に連絡や訪問を行い、地域連携につなげます。現場との関係を維持強化することで、教育実習にもスムーズに臨めます。

サービス・ラーニングがより充実した4年間の学びへ導く

教員紹介

愛知東邦大学 教育学部には、様々な分野の研究をしている教員がたくさんいます。

めざせる進路や資格

資格・免許を取得し、教育や保育のプロに

幼児教育コースでは保育士国家資格や幼稚園教諭一種免許が、初等教育コースでは幼稚園教諭一種免許や小学校教諭一種免許などの資格が取得でき、保育や教育に関する様々な場所への就職機会があります。

めざす進路

  • ● 幼稚園教諭(公立・私立)
  • ● 保育士(公立・私立)
  • ● 小学校教諭
  • ● 児童養護施設
  • ● 子ども教育関連企業(総合職・営業職・事務職)
    など

取得がめざせる資格

  • ● 保育士国家資格
  • ● 幼児体育指導者資格
  • ● ピアヘルパー
  • ● 児童指導員任用資格
  • ● 社会福祉主事任用資格

取得がめざせる免許

● 小学校教諭一種免許状
● 幼稚園教諭一種免許状