愛知東邦大学

緊急時対応について

緊急時対応について

暴風警報・交通機関の不通に伴う休講

名古屋市に暴風警報が発令されている場合

  • 午前7時の時点で警報が解除されていない場合は、1・2時限を休講とします。
  • 午前11時の時点で警報が解除されていない場合は、3・4・5・6時限を休講とします。
  • 午前7時以降に警報が発令された場合は、それ以降の授業は休講とします。

ただし、実施中の授業については、教務委員長による中止または続行の判断に従ってください。
※試験の場合も上記に準じ、延期します。掲示やTOPOSを確認してください

【注意】
名古屋市に暴風警報が発令された場合にのみ休講になります。名古屋市以外の愛知県の一部地域や三重県・岐阜県の地域にのみ警報が発令された場合は、休講になりません。また、暴風警報以外の警報でも休講にはなりません。
自宅所在地(現在の居住地)あるいは通学経路上の地域に暴風警報等が発令されていて、通学に危険を伴うと判断されるような場合は、通学を取りやめる等の行動を学生一人ひとりの判断と責任において行ってください。またその場合は、通学できるようになった後、速やかに教務課へ届け出るようにしてください。

南海トラフ地震に関連する休講

南海トラフ地震に関連する臨時情報が発表された場合は、解除されるまでの間、授業・試験などは休講とします。