愛知東邦大学

付属機関

保健・学生相談センター

保健・学生相談センター

保健・学生相談センターは、保健室・相談室と連携して学生のサポートを行います。
大学生はこころの不調が出やすい時期です。身体の不調と同じように早めに対処することが大切です。保健・学生相談センターは、人間関係やこころの問題、身体の不調について相談したいと思った時に気軽に話していただける場所です。みなさんが心身共に充実した学生生活が送れるようサポートしていきます。相談内容などの個人の秘密は固く守られますのでひとりで悩まず相談してみてください。

こころとからだの相談窓口

保健・学生相談センターには、大学生活をよりよく過ごすため、将来のなりたい自分に近づくため、とりあえず話を聞いて欲しいなど気軽に話してくれる学生が沢山います。

たとえばこんな悩みはありませんか?

  • 気持ちが焦って落ち着かない
  • 気分が落ち込む
  • 集中力がなくやる気が出ない
  • 人の視線が気になる
  • 不安な気持ち、悲しい気持ちが続く
  • 眠れない、食べられない

「こんなこと相談していいのかな?」「自分のことは自分で解決しなければ」「うまく話せるかわからない」「相談しに行くのは病気の人だけ?」「保健・学生相談センターや保健室・相談室で相談するって敷居が高いな」と考えて相談することをためらっている学生もいるかもしれません。しかし、決してそのように捉える必要はありません。

必要に応じて学生相談へ繋いだり、医療機関の紹介もおこなっています。

ほっとできる居場所としての利用

保健・学生相談センターには、ひとりになれる空間も用意しています。ほっとできる居場所として気軽にご利用ください。

保健・学生相談センターの利用

場所:S棟1階事務室内〔アクティブラーニングセンター(食堂)前〕
利用時間:原則平日9時~17時

合理的配慮の申請

大学で学びたいこと・追及したいことがあるが、生来的な特徴や心身の機能障害等により修学を続けていくことが困難な学生は、周囲の環境調整を行う「合理的配慮」を求めることができます。
詳しくは学生・キャリア支援課までお問合せください。

Instagram You Tube