愛知東邦大学

大学概要

施設紹介

A棟

教員の研究室(4階・3階・地下1階)や教室(1階・2階)がある建物です。地下にはカフェテリアもあります。正門を入って突き当たりにあるガラス張りの建物が目印です。

カフェテリア

A棟B1階
授業の合間にちょっとお茶したい時やおしゃべりしたい時に人気の場所。自販機も充実しています。

学生相談室

A棟1階
プライバシーの配慮を第一とし、専門のカウンセラーが学生生活の様々な悩みや問題の相談に応じています。

研究室

A棟4階
研究室は先生の個性が見える場所です。常に扉を開けて、いつも学生がいる研究室もあります。ゼミの授業でも活用します。

B棟

大きな教室から学部固有の専門的な教室まで様々な教室で構成されています。木目調を基調とした落ち着いたデザインが特徴です。

コンピュータ教室

B棟2階 L棟2・4階
約140台の学生用コンピュータが常に開放されており、自由に利用が可能。レポート作成やWebの閲覧など多くの学生が活用しています。

ピアノ室

B棟B1階
教育学部生のピアノ演奏技術習得のため、25台の電子ピアノを設置しています。利用時はヘッドフォンをつけて個人練習に打ち込むことができます。

リズム実習室

B棟B1階
主に手遊びや紙芝居、ボール遊びなど、幼児保育、初等教育における「表現力の養成」の授業を行う場所です。

階段教室

B棟1階
本学で一番大きな教室です。同じ大きさが3部屋あり、講義形式の授業で活用されます。

C棟

NSCAから認定を受けたトレーニングルームがあり、講習を受けると授業外でも活用することができます。クラブ・サークルの部室もあります。

トレーニングルーム

C棟
人間健康学科の授業などで使用する本格的なトレーニングルームを完備。屋上や建物前には広場もあり、開放感たっぷりです。

S棟

学生の居場所となる建物です。生協食堂や売店があり、お昼は食事のスペースがにぎやかです。2階の体育館はバスケコート2面の広さがあります。

アクティブラーニング
ステーション

S棟1階
飲食のできるラーニングスペースです。昼食だけでなくミーティングや個人学習の場として、いつでも利用可能です。

生協売店

S棟1階
食品から文具、書籍やパソコンなど学生生活の必需品がズラリ。組合員は、旅行や各種資格・免許の取得を特別価格で利用できます。

体育館

S棟2階
授業時間やクラブ・サークル活動だけでなく、授業の空き時間にも利用できます。

L棟

新しい知の「創造」と「共有」と「蓄積」に向けて
本学では、ディスカッションやプレゼンテーションなどの主体的・能動的学習を促進するアクティブ・ラーニングの手法を多くの授業で取り入れています。その象徴とも言える施設が「ラーニングコモンズ棟」です。複数の学生が集まり学習できる大型ホールをはじめ、多くの図書や最新のICT環境を整備。アクティブ・ラーニングの学びを一段と促進します。

図書

質量ともに充実した蔵書と快適な学習空間
ブックラウンジには、図書約10,000冊と主に教育学部で使用する絵本約3,800冊を揃えています。また蔵書数約18,000冊のブラウジングルームは、静かな空間で学習できるよう二重ガラス構造になっています。その他、書庫にも多数の蔵書があり、合わせて103,000冊となっています。

グループ学習室

学習方法に応じた多様な学びを促進
グループ学習室は壁面全体がホワイトボードになっており、アイデアなどを出し合うのに適した環境です。また4A階のホールでは学習方法に応じて机やホワイトボードが移動でき、活発に議論を行うことができます。

情報機器

最新のICT教育環境を整備
2B階と4B階それぞれに最新のPC約40台を設置しています。このコンピュータ室はガラス張りの開放感ある空間で、授業・実習の情報検索やレポート作成などに適した空間となっています。
※ICT教育:情報通信技術の利用・活用方法を、教育の一環として取り入れた教育

大型ホール

講演会やイベントの開催など、様々な用途に対応
講演会や各種イベント、ワークショップを開催できる大型ホール。自由に並び替えが可能な机・椅子80席を配置し、学生同士の学びを促進します。

H棟

地下が駐輪場になっており、自転車やバイクで通学する人は毎日活用します。1階の事務所は相談がしやすいようにローカウンターで統一しています。

日進グラウンド