愛知東邦大学

キャンパスライフ

TOHO Learning House(学生寮)

主体的な行動を促す、 新しいカタチの学生寮

共同生活を通して柔軟性やコミュニケーション力などを養います。また、学生が自ら寮の運営に関わり、授業で学んだことを活かしながら、魅力ある生活環境をつくり出していけるしくみが整っています。
他のメンバーやサポートスタッフ、地域の方々やイベントのゲストなど多くの人々と接しながら、自分で考え、決断し、責任をもって行動できる人材として成長できるプログラムを用意しています。

ゲストハウスの運営を通して、学びを実践

寮の2階には、学生自らが運営するゲストハウスを併設。一般客や外国人観光客も受け入れています。学生は接客を学ぶため市内のホテルで研修を受け、近隣の商店と割引サービスの提携をするなど、自主的に運営しています。
また、地域の人々と触れ合えるイベントも開催し、イベントの企画・運営、広報なども体験。授業で学んだ知識を実践できる教育プログラムとしては全国でも珍しく、楽しみながら経営的視点や責任感を養うことができます。
※現在はコロナウイルス感染拡大防止のため、ゲストハウスを休業しています

フロア紹介

建物は、地下1階から地上5階までの6フロアとなっています。地下1階は、イベントやレクチャーに使える多目的室、1階は管理人室やイベントスペース、2階は学生が中心となって運営するゲストハウス、3階から5階までが学生寮となっています。
3階は男子専用フロア、4階は女子専用フロアとなっており、各階には、セキュリティが完備されています。


シェアハウス形式を取り入れた6人での共同生活

TOHO Learning Houseは、1部屋に6人で生活するシェアハウス形式を取り入れた寮生専用フロアが3階・4階にあり、日常生活の中で社会人として必要とされる素養を磨く環境が整っています。
また、地下1階・1階の多目的室、イベントスペースを利用して地域交流イベントを実施。さらに、2階には学生が中心となって運営するゲストハウスを設置し、魅力ある生活環境を寮生自らが考え、つくり出すしくみを兼ね備えています。
TOPICS
日本初! ゲストハウス専用フロアを設置
ゲストハウス専用のフロアを設け、学生が中心となって運営するのが本寮の最大の特徴です。各種イベントの企画や広報活動、経営戦略などを実践を通して学ぶことができます。また、ゲストハウスを訪れる全国各地の学生や留学生、外国人旅行者などとのコミュニケーションの場となり、日常生活に関わる様々な体験から深い学びを得ることができます。

利用料金

部屋タイプ
寮費(月額)
共益費(月額)
管理費(年額)
1年間の合計
6人部屋
19,000円
6,000円
25,000円
325,000円
1人部屋
40,000円
10,000円
50,000円
650,000円

寮概要


所在地
〒465-0092 愛知県名古屋市名東区社台2-148
地下鉄・徒歩の場合
地下鉄東山線「名古屋」駅より20分「一社」駅下車 徒歩約15分
大学まで
大学まで徒歩約15分、自転車で約5分

入寮定員
41人
寮室仕様
6人部屋(3・4階)、1人部屋(5階)※原則6人部屋利用
部屋数
6室(6人部屋)、5室(1人部屋)
寮室(6人部屋)
専有面積
約46㎡(28帖)~51㎡(31帖)
車両
自動車の持ち込み禁止、自転車・バイクの持ち込みおよび駐輪可
駐車場
来客用のみ
共用設備
多目的室、イベントスペース、キッチン、シャワールーム(男女別階)、洗濯室(男女別階)、トイレ(男女別階)、駐輪場
入寮期間
在学中
フロア
地下1階(多目的室)、1階(イベントスペース)、2階(ゲストハウス)、3階(男子学生専用/18人)、4階(女子学生専用/18人)、5階(学生5人他)
建築設備
エレベーターあり、3・4・5階セキュリティー完備
構造
鉄筋コンクリート造

お問い合わせ先

お問い合わせ先
学生・キャリア支援課
メールアドレス
gakusei@aichi-toho.ac.jp

Gallery