愛知東邦大学

2017.04.25

第6回「防犯ボランティア」に7人が参加

 学生たちが大学周辺通学路の安全パトロールを兼ねた清掃活動に取り組む「防犯ボランティア」の第6回パトロールが4月20日午後4時半から行われました。
 6人が参加した前回(3月26日)パトロールの際、参加した榊直樹学長から、「参加者を増やす工夫をするように」と指摘があったことを受け、今回はボランティアサークル「COCORO」の学生たちが中心となり、2週間前から教科書販売中の生協周辺でチラシを配るなど、宣伝活動にも力を入れました。チラシを見て参加した学生もいましたが、残念ながら参加者は榊学長も含めて7人にとどまりました。

 今回のパトロールでは、防犯面に関しての問題は特にありませんでしたが、道路周辺でのたばこの吸殻と食べ物のごみの多さが相変わらず目立ちました。
 次回の防犯ボランティア活動は5月18日(木)16:30からの予定です。COCOROメンバーである経営学部3年生の天木舞さん、岩田彩華さんは、「大学周辺は地域の方々がごみ拾いをしてくださっていますが、まだまだ仲間が必要です」「興味のある方は地域連携センターへお越しください。ぜひご協力をお願いします」と呼びかけています。

< トップに戻る