資料請求 受験生の方へ
クラブ情報

1部リーグ入れ替え戦進出かけ 愛知大との決着は24日第3戦に

2016/10/23

 161023_01-jpg 愛知大学野球秋季2リーグ優勝決定戦(プレイオフ)の第2戦が10月23日、パロマ瑞穂球場で行われ、愛知東邦大学は愛知大学に惜しくも2―9で敗れました。この結果、対戦成績は1勝1敗となり、1部リーグ入れ替え戦出場をかけた決着は24日午前10時から同球場で行われる第3戦に持ち越されました。

 愛知東邦大は3回、牧野真弥の本塁打で1点を先制しましたが、アンラッキーなヒットやエラーが重なり、9回表の攻撃は7点差を追う展開に。3塁側の愛知東邦大学応援席からは、「きょうもミラクルでいくぞ」の声も上がりましたが、残念ながら3度目の奇跡にはつながりませんでした。

 161023_03-22部リーグは土、日曜日を中心にした2戦勝負ですが、プレイオフは3戦勝負のため、第3戦は月曜日の24日開催です。午前中に授業のない学生や都合のつく皆さん、ぜひ球場で、愛知東邦大学にとって悲願の1部リーグ昇格への最後の関門である、入れ替え戦出場をかけた戦いを応援しましょう。ゲーム報告は硬式野球部主務の山東航さん(経営学部4年)です。

▽秋季リーグ戦 2部優勝決定戦(10月23日、パロマ瑞穂球場)
東邦大 001 001 000=2
愛知大 003 220 02X=9
(東邦大) 小松、比嘉―森
(愛知大)東郷―高森

 勝てば2部リーグ優勝が決まる一戦。3回に牧野(愛知黎明②)の左越ホームランで1点を先制した。しかし、その裏ヒットとエラーで3点を奪われ逆転を許した。その後も守備のミスなどで追加点を奪われ9失点。打線は6回に1点を返すも反撃及ばず2-9で敗退した。