愛知東邦大学

2022.11.23

経営学部谷口ゼミ生らが日進市で3年ぶり開催の市民祭りを盛り上げました

 愛知東邦大学が地域連携協定を結んでいる日進市で11月20日、第23回「にっしん市民まつり」が開催され、経営学部の谷口正博准教授が指導するゼミ生らも参加し、3年ぶりに開催された祭りを盛り上げました。
 市民まつりは同市役所を中心に開催されました。大学連携ブースでのイベントに参加したのは東邦プロジェクト、専門演習Ⅱの学生たち。キャラクタービジネスを考察する展開から、日進市のマスコットキャラクターの「ニッシーくん」をより親しみを持ってもらう演出として、人の動きに合わせ躍動するモーショントラッキング体験装置を設置し人気を呼びました。
 招待時間は午前9時から午後3時まで。日進市内に大学や高校、グラウンドを持つことが縁で連携協定を結んでいる学園の6大学が参加。日進市にとっても久しぶりの開催となったため大変多くの来場者数となり会場全体がとてもにぎわいました。
 参加した地域ビジネス学科3年生の太田樹さんは「大型テレビにニッシーくんを映し出し、人の動きに合わせてニッシーくんが動くという演出を取り入れ、訪れた方々に楽しんでいただきました。初めての参加でしたが、様々な人たちが愛知東邦大学の大学ブースに訪れてくれたり、他大学ブースを運営する学生の皆さんと仲良くなれたりなど大学生活の思い出の一つにもなりました」と振り返っています。

< トップに戻る

Instagram You Tube