愛知東邦大学

2016.09.14

ラーニングハウス寮生2人が地元の防災訓練に参加

 160914_03愛知東邦大学の学生寮「TOHO Learning House(ラーニングハウス)」の寮生2人が9月11日、寮の地元である社台2丁目北自治会の防災訓練に参加しました。訓練は南海トラフ巨大地震の発生を想定して、「北一社学区自主防災訓練」として行なわれました。

 午前8 時半から11時半頃まで行なわれた訓練には、田中友貴さん(教育学部2年生)と澤田元希さん(人間学部2年生)が参加。2人は当日の寮利用者たちの無事を確認したうえで、「我が家は無事です」というプレートを掲げて安否を報告するとともに、近隣住宅数件の無事を確認して回りました。

 その後、近くの「くまさん公園」に集合し、ヘルメットをかぶり、北一社小学校に移動し、学区での訓練に参加。AEDを使った心肺蘇生の応急手当訓練、初期消火訓練、救出・救護、さらに発電機や投光器の取り扱い訓練も行いました。各訓練では消防士の方の概要説明の後、「誰かやってみてください」という呼びかけに応え、寮生2人が積極的に参加しました。

 2人は8月20日には地元のコミュニティセンターで行われた防災訓練の会議にも参加。10月23日)に行われる学区対抗の運動会への参加要請も届いており、寮生たちは地域と連携した寮運営に期待を高めています。

160914-01160914_02

< トップに戻る