愛知東邦大学

2022.10.10

女子サッカー部は3連勝で勝負の終盤戦へ

 第31回全日本大学女子サッカー選手権大会(インカレ)東海予選第4節で愛知東邦大学は10月9日、名古屋学院大学戦に9―0で勝ち3勝目を挙げました。東海予選には7校が参加。第4節を終え、名古屋経済大、静岡産業大、中京大、愛知東邦大の4校がいずれも開幕3連勝。第5節からはこの上位4校が10月30日の第7節まで、本戦出場枠2を目指し勝負の終盤戦に突入します。
 愛知東邦大は第5節(16日)で中京大、第6節(23日)で名古屋経済大、第7節(30日)で静岡産業大と対戦します。16日の中京大戦は愛知東邦大日進グラウンドで午後2時キックオフ。3年ぶりインカレ本戦出場を目指す女子サッカー部を応援しましょう。

◇全日本大学女子サッカー選手権大会東海予選(10月9日14:00kickoff、日進グラウンド)
 愛知東邦大学9-0名古屋学院大学(6-0、3-0)
 ▽得点 藤川莉子(人間健康学部1年・帝京可児)、稲垣真衣(教育学部2年・大商学園)、高田涼帆(同4年・大阪桐蔭)、三林莉瑳(同4年・三重)、都筑かんな(人間健康学部1年・聖カピタニオ)、杉岡美空×3(同2年・鳴門渦潮)、オウンゴール
 大量得点で勝利することを目標にチーム一丸となって戦いました。前半序盤から積極的に攻撃を仕掛けましたが、相手の厚い守備に阻まれ、なかなか得点をすることができませんでした。前半9分に#35藤川莉子がこぼれ球を冷静にゴールの隅に流し込み先制しました。流れをつかんだ東邦は立て続けにゴールを奪い前半を6―0で折り返しました。
 後半も1点目が遠く、点が取れない状況が続きました。ワンタッチでの中の崩しやサイドからのセンタリングなど、多様な攻撃を仕掛けて3点を追加し、試合終了のホイッスルがなりました。9点を取って勝利することができましたが、まだまだ得点のチャンスはありました。最後の場面で決め切ることができなければ、必ず後悔すると思うので、悔し涙を流さないために今、この瞬間を全力で取り組み、次に繋げていきたいです。
 来週からは本戦出場をつかみ取るための大事な闘いになるので、今まで以上の応援をよろしくお願いします。=広報担当・後藤真歩(人間健康学部4年)

< トップに戻る

Instagram You Tube