愛知東邦大学

2022.10.11

教育学部2年生たちが「SDGs AICHI EXPO 2022」に参加

 「SDGs」の普及と浸透を図るため、地元の企業や学校などの取り組みを紹介するイベント「SDGs AICHI EXPO 2022」が常滑市の愛知県国際展示場(Aichi Sky Expo)で10月6日から8日まで開催され、愛知東邦大学から教育学部2年生の学生たちが参加しました。
 学生たちは「総合演習Ⅱ」の授業の一環として参加。一般財団法人角文・鈴木環境財団2021年度(第1回)助成金を受けた共同プロジェクト「幼小接続を目指した森林環境教育のプログラム開発」(研究代表者・白井克尚准教授)の成果として作成した教材・教具を活用してブースの運営を行いました。
 堀建治ゼミでは、幼児向けの手遊びの動画を流したり、カプラで遊んだりして参観者と交流を深めました。鈴木順子ゼミでは、竹とんぼに絵を描く工作をしたり、クイズをして押し花のしおりを配布したりして、子どもたちと積極的に関わりました。
 柿原聖治ゼミでは、木に願いごとを書いた短冊を張り付けたり、粘土遊びをしたりして、楽しみながら活動しました。堀篤実ゼミでは、松ぼっくりけん玉について説明を行い、けん玉づくりでは多くの子どもたちであふれていました。白井克尚ゼミでは、クリスマスリース作りや工作体験など、丁寧に言葉がけをしながら活動していました。
 学生たちは、子ども連れの家族に呼び込みをするなど、積極的に活動することができました。ブースに参加した子どもたちは、どの子も満足そうにしていました。「SDGs AICHI EXPO 2022」は、100以上の企業や大学が参加し、大変にぎやかなイベントでした。学生たちにとってもSDGsについて学びを深める貴重な経験になったと思います。(白井克尚)

< トップに戻る

Instagram You Tube