愛知東邦大学

2022.09.15

「同窓生の誇り持ち続けて」 9月卒業式で鵜飼学長が式辞

 2022年度9月卒業証書・学位記授与式が9月15日、LCホールで行われました。9月卒業生は2018年度入学の7人(経営学部地域ビジネス学科3人、同国際ビジネス学科1人、人間健康学部1人、教育学部2人)。
 午前10時から行われた式典には卒業生4人が出席し、副学長、学長補佐、学部長、学部長補佐、演習担当教員や職員らが見守る中、鵜飼裕之学長から一人ひとりに卒業証書が授与されました。
 鵜飼学長は式辞で、「これからの皆さんの心にとめてほしいことが三つあります。好奇心と探究心を持ち続けること。社会がどんどん変化する中でぶれないように自分の価値観を持つこと。壁にぶち当たった時は一度立ち止まり、態勢を立て直す知恵を持つこと。
 強さに弱さが融合すればしなやかさとなり、真の強さが生まれます。卒業後も同窓生として誇りを持ち続け、新たな人生を歩んでください。愛知東邦大学はいつでも皆さんが戻ってこれる場所です」と述べました。
 榊直樹理事長は祝辞で、「みなさんが入学した2018年度は、愛知東邦大学が『オンリーワンを、一人に、ひとつ。』のブランドコンセプトを打ち出した年。自分しかないことを基本にして自分を磨き続けてください」と激励の言葉を贈りました。式典はCD演奏による「校歌斉唱」で終了しました。

< トップに戻る

Instagram You Tube