愛知東邦大学

2022.09.12

男子サッカー部 上位争う日本福祉大と引き分け

 東海学生サッカーリーグ2部で愛知東邦大学は9月10日の第12節で、上位を争う日本福祉大学と対戦し1-1で引き分けました。9月7日に予定されていた第11節の愛知東邦大×愛知淑徳大戦が、グランド気温が熱中症対策基準を超え延期となったため、第12節を終えたリーグ順位は、1位名古屋経済大学(11試合、勝点27)、2位日本福祉大学(12試合、勝点24)、3位愛知東邦大学(11試合、勝点23)となりました。
◇第12節(9月12日、養老町スマイルグラウンド)
 愛知東邦大学1-1日本福祉大学(0-1、1-0)
 昇格に向けて、前期は引き分けた日本福祉大学との重要な一戦。勝点3を取らなければならない試合でした。前半の立ち上がりは、お互い激しいプレスでボールが落ち着かない展開となりました。堅い試合をしていましたが、前半終了間際にコーナーキックからのこぼれ球を押し込まれ先制を許してしまいました。
 後半は攻撃に厚みをかけ、クロスからのチャンスも増えていきました。守ってはGK木村良星(1年)のビッグセーブも連発。チームを後ろから支えていました。そして88分、MF鵜飼陸哉(4年)が完璧なトラップからゴールに流し込み同点弾。その後も、逆転ゴールを狙いましたがそのまま試合終了しました。
 押し込まれる時間も多く厳しい試合でしたが、土壇場で追いつき勝ち点1を得ました。来週13節の南山大学戦に向けて練習に取り組み次の試合は勝利を挙げられるよう準備していきます。=広報担当・安井新空(人間健康学部1年)

< トップに戻る

Instagram You Tube