愛知東邦大学

2022.05.09

硬式野球部が鵜飼学長にリーグ優勝を報告

 愛知大学野球春季2部リーグで優勝を決めた硬式野球部は5月9日午前、鵜飼裕之学長にリーグ優勝を報告しました。
 愛知東邦大学は5月8日の第6週11試合目となる最終戦で名古屋産業大学に勝利し、10勝1敗30ptで2020年秋以来2度目のリーグ優勝を飾りました。2位は名古屋大学25pt、3位は星城大学24ptでした。
 この結果、5月14日から1部リーグとの入替戦出場権をかけたプレーオフが行われます。14日に名古屋大と星城大が対戦。1勝先勝の勝者と愛知東邦大が22日、23日に2戦先勝方式で対戦します。
 優勝した愛知東邦大学には1勝のアドバンテージが与えられます。全試合とも名古屋商科大学グラウンドで午前10時から有観客で開催されます。
 鵜飼学長を訪れたのは又吉李樹主将(経営学部4年)、真柄直人マネージャー(人間健康学部3年)、田中洋監督、森田泰弘総監督、深谷和弘部長(経営学部教授)。又吉主将らから優勝報告を受けた鵜飼学長は、「名古屋大学に負けたのは悔しかったですが立派な成績を残してくれ本当によかったです。勝つということは皆さんにとっても大学にとっても弾みになります。コロナウイルスに気をつけ最後まで頑張ってください」と激励しました。

◇第6週5月8日(愛知東邦大学日進G)
 愛知東邦大 010 400 000=5
 名古屋産大 000 200 011=4
 (東邦) 徳久遼(3年)、玉井裕一郎(同)、池田和弥(4年)、岩橋球斗(3年)、上田空大(同)―松吉颯生(同)▽3塁打 田中永桜(同)
 シーズン成績等は愛知大学野球連盟公式ウェブサイトをご覧ください。

< トップに戻る

Instagram You Tube