愛知東邦大学

2022.04.04

男子サッカー部 1年生2人の4ゴールでリーグ戦白星発進

 2022年度第61回東海学生サッカーリーグ戦が4月2日開幕し、2部の愛知東邦大学は常葉大学静岡キャンパスに4―0で快勝しました。1年生2人がそれぞれ2ゴールを決めての白星発進でした。
◇東海学生サッカー2部リーグ第1節(4月2日、名古屋学院大学瀬戸キャンパス第2グラウンド)
 愛知東邦大学4-0常葉大学静岡キャンパス(1-0、3-0)
 ▽得点 井上大舞(1年)×2、市村遼(1年)×2
 前半立ち上がりは、相手が自陣で守備ブロックを固める中、なかなか攻撃の意図口を見出せずに進んでいきました。我々ペースで進み、前半終了間際、右サイドからのクロスに1年生FW井上大舞(中京学院大中京)が先制点をあげ、前半は1-0とリードし、折り返す。
 後半も引き続き、自分たちのやることを変えず、主導権を握り、試合を優位に運ぶことができ完全に我々ペースで試合が進んだ。そして、またしてもFW井上が2得点目となる追加点をあげ2―0。さらに後半68分、90分+2に、こちらも1年生のFW市村遼(東邦)がダメ押しの2ゴールをあげ、試合は終了。1年生FWコンビが活躍を見せ4-0でリーグ開幕戦を勝利で飾ることができました。
 今シーズンは前期9週連続で試合が行われるということでチーム全体の総力が試される1年になります。今年こそ、1部リーグ昇格を叶えるべく、1日1日を大切に精進してまいります。写真は2人で4得点を決めた市村遼(左)と井上大舞(右)です。=伊藤大智(マネージャー、人間健康学部2年)

< トップに戻る

Instagram You Tube