愛知東邦大学

2021.12.20

女子サッカー部 熱闘制しシーズン終了

 2021年度東海女子サッカー1部リーグ戦で愛知東邦大学は1218日、名古屋経済大学に20で勝利しました。名古屋経済大学は24日に開幕の第30回全日本大学女子サッカー選手権大会(インカレ)に東海第1代表として初出場しますが、試合ではインカレ本戦を思わせる熱い戦いが展開されました。

 今年最後の公式戦でした。インカレ出場を決めているライバル校に勝てたこと、4年生との最後の公式戦で勝てたことを本当に嬉しく思います。この1年は本当に苦しんだと思います。しかし、この苦しさや悔しさは間違いなく次の年に生かされるだろうと感じました。チーム一丸となって戦うことができ、勝利という形で今年を締めることができました。(大道奏)

◇東海女子サッカー1部リーグ戦121814:45kickoff、日進グラウンド)

 愛知東邦大学 20 名古屋経済大学 (1010

 ▽得点 神谷 千菜(人間健康学部3年・聖カピタニオ女子)、大道奏(同2年・藤枝順心)


「勝つっていい」     
キャプテン・木村菜々花(人間健康学部4年)
 今シーズンラストの公式戦、絶対に勝ちたい相手に対して、チーム一丸となって闘い、勝利を掴み取ることができました。試合後、勝って喜び合う選手たちを見て、試合に勝つっていいな。ということを再認識しました。今年も、コロナ禍の中、たくさんのご支援、ご声援を送っていただき、本当にありがとうございました。来シーズンは、必ず、インカレ本戦の舞台に返り咲きます。今後とも、愛知東邦大学女子サッカー部の応援を、よろしくお願い致します。

< トップに戻る