愛知東邦大学

2021.10.06

2021年度第1回 愛知東邦大学外部評価委員会を開催

 愛知東邦大学は104日、2021年度第1回外部評価委員会を開催しました。外部評価委員は、大平伸介・豊田信用金庫人事部副部長、河野裕康・金城学院大学名誉教授、田上潤平・株式会社マイナビ就職情報事業本部中部ブロック長、早川正晃・名古屋市文化振興事業団名東文化小劇場館長、宮野貴子・社会福祉法人フジ福祉会名東保育園園長の5氏で、学内委員として、舩木恵一副学長、中山孝男経営学部教授(自己点検・評価委員会委員長)も加わりました。

 委員会は午後3時から第1会議室で開催され、7人の委員が出席し、中山委員が議長を務めました。鵜飼裕之学長、田村豊経営学部長、丸岡利則人間健康学部長、堀篤実教育学部長らが陪席しました。

 鵜飼学長からは「昨年の第1回の会議にて大変貴重なご意見をいただきました。今年も本学の教育実践について、大所高所からご意見を賜りたく思います」とあいさつ。学内委員からの2020年度後期から2021年度前期までのオンライン授業の実施も含めた現状、入学者選抜、教育内容、学修方法や成果、社会連携などについて説明を受けて協議が行われました。

 5人の外部員委員たちはそれぞれ立場から、愛知東邦大学教育活動に対する感想や意見、要望を述べられました。協議は休憩を挟み午後5時過ぎまで行われました。

< トップに戻る