愛知東邦大学

2021.06.07

教育学部が外部講師招き就職セミナーを開催

 教育学部で63日、児童福祉施設への就職を希望している4年生を対象にした就職セミナー(第2部)として、外部講師による模擬面接と就職活動に向けた助言指導が行われました。

 講師として招かれたのは名古屋市守山区の児童養護施設「和進館児童ホーム」施設長の長谷川晃久先生。厳格な新型コロナウィルス感染防止対策をとったうえで、学生6人と少数の参加になりました。
 模擬面接は、講師の長谷川先生と教員が面接官となり、学生一人ひとりとの個人面接を行った後、全員参加のグループ面接を行い、長谷川先生からそれぞれの学生に対して的確なアドバイスをしていただきました。

 模擬面接に臨んだ学生たちは、事前に各自でエントリーシートを作成。実際の就職試験を想定し、服装を整えて模擬面接に臨み、エントリーシートの記載内容を基に質問をする講師の先生に対し、緊張しながら受け答えしていました。
 時々言葉に詰まったり、質問内容に戸惑う場面もありましたが、本番のように真剣そのものでした。

 参加した加藤愛実さんは、「自分ではしっかり話しているつもりでも、緊張して声が出なくなったり、頭が真っ白になってしまうこともありました。緊張の連続でしたが、講師の先生のフレンドリーなご対応に助けられ、多くのことに気づくことができました。ご指導していただいたことに感謝して、就職試験までにしっかり準備してがんばりたいと思います」と話していました。

 教育学部では617日に保育所への就職を志望する学生、715日には幼稚園への就職を志望する学生を対象に、やはり外部講師をお招きしたセミナーを順次開催し、就職指導を実施する予定です。(教育学部学部長補佐・伊藤龍仁)

 

 

< トップに戻る