愛知東邦大学

2019.11.13

宮本ゼミ生4人が西尾市の観光振興でフィールドワークを実施 

 経営学部地域ビジネス学科の宮本ゼミ(3年)の4人が、ゼミ活動の一環で11月5日、西尾市内を視察し、市役所産業部商工観光課および市観光協会での観光担当者へのインタビューを実施しました。
 西尾市を訪れたのは伊神有紗さん、井藤健太さんのグループと東竜希さん、本多慶光さんのグループ。宮本ゼミ(3年)では愛知県の観光振興の方策について考えおり、各グループはそれぞれ「西尾市の観光振興」「愛知県の離島振興」をテーマに選び、取り組んできました。グループでアイデアを出し合うなかで、現地を訪れ、担当者の話を聞く必要があると考え、自らアポイントをとって今回訪問することになりました。
 担当者の話を聞いた伊神さんは、「これまで自分たちが考えていたアイデアはすでに実施されていたことを知り、自分たちの考えの甘さを実感しました」、本多さんも「新たな課題を知ることができたので、自分たちの企画に生かそうと思います」と、それぞれ実際に現地に足を運ぶことの意義、関係者の話を聞くことの意義を実感した様子でした。(宮本佳範)

 

< トップに戻る