資料請求 受験生の方へ ネット出願
お知らせ

伊勢湾台風で恐怖と向き合った東邦高校生たち

2019/1/10

 死者・行方不明者が5098人に及び、阪神・淡路大震災が発生するまで戦後最多の犠牲者数を記録した1959年9月26日の伊勢湾台風から60年の歳月が流れました。東邦高校からの犠牲者はいませんでしたが、恐怖と向き合う体験をした生徒たちも少なくありませんでした。
 春の甲子園センバツ出場をかけた高校野球秋季愛知県大会も台風により中断しましたが、初冬の行われた地区代表トーナメント戦に優勝した東邦高校は、伊勢湾台風に伴う特別措置として2年連続10回目の甲子園出場切符を手にしました。
 「語り継ぐ東邦学園史」の第47回「伊勢湾台風と甲子園連続出場」をご覧ください。