資料請求 受験生の方へ ネット出願
お知らせ

勤労動員の悲劇から74年 「慰霊の日」で追悼式

2018/12/4

 太平洋戦争末期の1944年12月13日、名古屋市東区の三菱重工業名古屋発動機製作所大幸工場で勤労動員中に空襲の犠牲になった旧制東邦商業学校の20人(生徒18人と教員2人)らの追悼式が今年も12月4日、東邦高校内の「平和の碑」前で行われました。
 式典には東邦高校、愛知東邦大学の生徒や教職員、犠牲となった生徒たちの同期生ら約300人が参列。榊直樹理事長は追悼の言葉で、尊い命が奪われた悲劇から74年の歳月が流れた世界の情勢を報告するとともに、「先輩たちの命をかけた教訓を受け継ごうと、東邦高校の生徒会メンバーたちによって、〝名古屋空襲慰霊の日〟の制定を求める請願が名古屋市議会に提出されました。孫やひ孫のような後輩の志をほめてあげてください」と述べました。

 続きは東邦学園ホームページをご覧ください。