資料請求 受験生の方へ ネット出願
クラブ情報

愛知東邦大、惜しくもプレイオフ初戦飾れず

2018/10/20

 愛知大学野球秋季リーグの2部優勝決定戦(プレイオフ)第1戦が10月20日、パロマ瑞穂球場で行われ、Aリーグ1位の愛知東邦大学はBリーグ1位の愛知工業大学に1-6で敗れました。プレイオフは2勝先勝で、初戦を落とした愛知東邦大は21日の第2戦に勝って1勝1敗とし、第3戦に持ち込み、初優勝に望みをつなぎたいところです。
 東邦は前半、何度も得点圏にランナーを出しながらも得点に結びつけることができず終盤に。先発の中村は6回まで無失点に抑える好投を続けました。東邦は1点を奪われた7回裏、しぶとく四球を選んだ古谷を置いて大沢が3塁打を放ち同点。

 しかし、8回に中村が1点を奪われた後、2番手の服部も打ち込まれて1-4に。9回にも追加点を許し1-6と突き放されました。終わって見れば、3塁打1本、2塁打4本の10安打の愛工大に対して東邦は5安打でした。
 スタンドからは榊直樹学長を始め、愛知大学野球を初めて観戦したという職員も含め、学生や選手の家族、教職員らが熱い声援を送りました。
 第2戦は日進市の名古屋商科大学グラウンドで午後1時試合開始です。

▽2部優勝決定戦(10月20日、パロマ瑞穂球場)

 愛知工業大 000 000 132=6
 愛知東邦大 000 000 100=1
 (東邦大) 中村、服部―近藤 ▽3塁打:大沢