クラブ情報

女子サッカー部 5年連続インカレ、2年連続皇后杯大会出場へヤマ場

2018/9/25

愛知東邦大学女子サッカー部が5年連続6回目のインカレ出場、2年連続での皇后杯大会出場をかけての戦いでヤマ場を迎えます。
 愛知東邦大は9月23日に行われたインカレ予選で名古屋学院大学に8-0で快勝、3戦3勝としました。4戦目は9月30日、名古屋経済大学(名経大)と対戦します。
 名経大は9月17日に行われた皇后杯第40回全日本女子サッカー選手権大会愛知県大会決勝戦で、聖カピタニオ女子高校に2-1で勝ち、創部4年目で初優勝し、東海地区大会初出場を決めました。9月23日の愛知県リーグ戦でも中京大に7-0で圧勝しています。

 皇后杯大会に東海地区からは4チームが出場できますが、2018年大会から東海リーグ所属の愛知東邦大学は愛知県予選免除で10月6日からの東海大会に臨みます。10月6日の初戦を突破し、7日のNGUラブリッジ名古屋(チャレンジリーグ4位)に勝てば2年連続2回目の皇后杯大会出場が決まります。NGUラブリッジ名古屋は、昨年、愛知東邦大を皇后杯大会初出場に導き、今春卒業した竹林佑真も所属する強豪チームです。

▽インカレ予選第3節(9月23日13:00kickoff、名古屋学院大学G)
 愛知東邦大8-0名古屋学院大(2-0、6-0)
 得点:大城香鈴×2、井上莉那×2、水野亜美×2、山田聖乃、木村菜々花

 自分たちがボールを支配できた試合。相手はゴール前で守備を固め、崩すことが困難でした。前半は機転を利かせたロングシュートで2点を奪うものの、相手を崩しきれず前半を終えました。後半はコートを広く使いながら、打てるタイミングでシュートを打ち切ることができ、得点を重ねることができました。この試合を通して、攻撃のバリエーションを増やし、突破口を見つけ出すことが課題だと思いました。
インカレ予選次節は9月30日(日)、名古屋経済大学と対戦します。瀬戸市の名古屋学院大学Gで15:00kickoff です。応援よろしくお願いします。(教育学部2年・田中梨華)