資料請求 受験生の方へ ネット出願
クラブ情報

秋季野球 V争いで東邦の熱闘続く

2018/9/25

 愛知大学野球秋季2部Aリーグ戦は、3連戦が予定されていた第4週も雨のため1試合が順延となりました。愛知東邦大学は9月23日に行われた愛知産業大戦で、延長11回のタイブレーク戦を5-4で制しましたが、24日の愛知学泉大戦は惜しくも3-4でサヨナラ負けを喫しました。愛知東邦大はなお首位をキープしており、残る4試合を全勝の勢いで勝ち進み、Aリーグ優勝を決めたいところです。
 愛知産業大戦は3時間を超す熱戦。8安打の愛産大を東邦が11安打で追い上げ、延長11回裏、相手捕逸で劇的なサヨナラ勝ち。2年生の中村励(大師)と1年生の土肥大輝(岩津)の投手リレーが光りました。
 愛知学泉大戦では、大沢登生(3年・大垣日大)の3塁打などで東邦が3点を先行。しかし、4年生4人が先発メンバーの学泉大に先発の武次慶士(4年)が追い付かれ、2番手の中村が痛恨のサヨナラ打を浴びました。

【2部Aリーグ成績】
 愛知東邦大  6試合 4勝2敗
 愛知学泉大  7試合 4勝3敗
 名古屋産大  6試合 3勝3敗
 名古屋商大  6試合 3勝3敗
 愛知産業大  7試合 3勝4敗
 名古屋学院大 6試合 2勝4敗

▽第4週(9月23日、愛知産業大G)
 愛産大 002 010 100 00=4
 東邦大 002 000 200 01x=5(延長タイブレーク)
 (東邦)中村、土肥―近藤、山居
▽第2週順延戦(9月24日、至学館大G)
 東邦大 100 200 000=3
 学泉大 000 021 001x=4
 (東邦)武次、中村―近藤 ▽3塁打:大沢▽2塁打:小久保
 今後の試合日程等は愛知大学野球連盟公式ウェブサイトをご覧ください。