愛知東邦大学

2018.09.03

野球秋季リーグ 角山のサヨナラ打で開幕戦に勝利

 愛知大学野球秋季2部リーグは9月1日の開幕第1戦が雨で中止となり、2日の第2戦からスタートしました。Aリーグの愛知東邦大は3部リーグから昇格した名古屋産業大と対戦、タイブレイクの延長10回裏、1死満塁から4番DHの角山颯(3年・東海大甲府①)がセンター前に鮮やかなタイムリー打を決め、3-2でサヨナラ勝ちしました。
 東邦の先発は1年生でリーグ戦初マウンドの土肥大輝(岩津⑪)。再三のピンチをバックの守りに助けられ5回途中まで粘投し、4年生の武次慶士(半田工)にリレーしました。

 2-2で、無死1、2塁から始まったタイブレイクの延長戦は、武次の力投で10回表の名産大は無得点。その裏、東邦は3番小久保瑞樹(2年・飛龍)にヒットで満塁とし、角山が勝負を決めました。
 5回表、ショートの守備に入った新キャプテンの平尾貴彦(3年・東海大甲府⑩)は、無死2塁のピンチで、3塁側に上がった飛球を追ってフェンスに激突、転倒して意識を失い、救急車で病院に搬送されました。3塁側名古屋産業大の清田和正監督ら選手たちもすぐに平尾のもとに駆けつけ、横道政男監督ら東邦選手たちともに平尾の容態を見守りました。幸い、骨折などのけがはなく、平尾は試合終了直後にはグラウンドに戻りました。

 平尾は1点を追う4回裏、ヒットで出塁し、スクイズで同点のホームを踏むなど攻守で活躍していました。
 雨で中止となった第1戦は9月17日午後1時から愛知工業大グラウンドで行われます。

▽第1週第2戦(9月2日、愛知工業大G)
  名産大 001 000 100 0=2
  東邦大 000 110 000 1x=3
 (東邦)土肥、武次-近藤

< トップに戻る