資料請求 受験生の方へ
イベント情報

PIAグローバルセンターで世界の家庭料理で誕生日祝う「Potluck Spring Party」

2016/5/7

20160507_01 経営学部国際ビジネス学科(IB)がスタートして1か月が過ぎましたがPIAグローバルセンター(多目的室4)で5月6日昼、3~5月生まれのIB学生たちの誕生日を祝う「International Spring Party」が開かれました。

 ネイティブ教員のJennifer McGuire(ジェニファー・マグワイア)さん、Laura Ebel( ローラ・イーブル)さんらの呼びかけで、それぞれが持ち寄った国際色あふれる家庭料理(potluck)を楽しみながら英語を使ったコミュニケーション力を高めるのが狙いです。

 

20160507_02 テーブルには、ローラさんが現地で覚えたというネパール料理、学生が持ち込んだ肉じゃが、卵焼き、巻きずし、学生が母親のアドバイスを受けながらも一晩かけて焼き上げたという本格的なDinner Bread(パン)。日系ブラジル人の母親に手伝ってもらったというチョコレートや、日系ペルー人の母親に手伝ってもらったといプリンには「おいしい」「まさに絶品」の声が相次ぎました。

 「English Only Zone!」の看板がかかるPIAグローバルセンターですが、この日は、英語版「ドラえもん」の本を寄贈した中山孝男経営学部長や外部からのゲストも加わったこともあり、日本語での会話も目立ちました。それでも、学生たちは次々に英語で話しかけてくるジェニファーさんやローラさんに英語で応じようと懸命。「英語を自由に使いこなせるまでのハードルはまだまだ高いですが、着実に低くなっているなという実感があります」「少人数の分、密度の濃い指導が受けられ、IBに入って本当によかったと思う」と話す学生たちもいました。

  IB学科長の田村豊教授は「これからも四季おりおりイベントを開いていく予定です。ぜひコミュニケーションの楽しさと生きた英語を学んでほしい」と話していました。

 

20160507_03 20160507_04