愛知東邦大学

2017.05.03

東邦、石田の逆転サヨナラ2塁打でVへ望みつなぐ

 愛知大学野球春季リーグで愛知東邦大学は5月3日、星城大学と対戦。敗れれば今季Aリーグ優勝は絶望となる試合でしたが、1―2とリードされた9回裏、2死走者なしから反撃。満塁で登場した3番石田がライトオーバーの2塁打で劇的なサヨナラ逆転勝利を決めました。これで愛知東邦大は4勝3敗。この日勝った同朋大と名古屋学院大がともに5勝2敗で1位、愛知東邦大と至学館大がともに4勝3敗の3位で追う展開で、残り3試合を戦うことになりました。

 愛知東邦大は5月6日(土)、7日(日)に至学館大、5月13日(土)に星城大と戦います。3連勝でのミラクルを信じて応援に出かけましょう。

 

愛知大学野球春季2部Aリーグ
▽5月3日(水) 日進G
星城大 000 020 000 =2
東邦大 000 000 102x=3
▽バッテリー 米澤、中村― 黒川、山居 ▽石田2、牧野
 東邦は1番に打撃好調の古谷が上がり、7番に牧野が入り、キャプテン菖蒲は9番に下がっての背水の陣。2点を追う7回裏、先頭の牧野が2塁打でチャンスを作り、1死3塁で菖蒲がレフト前にしぶとくタイムリーヒットを放ち1点差に。
 8回からマウンドには1年生の中村が上がり星城の攻撃を断ち切りました。東邦は迎えた9回裏2死から菖蒲が四球を選び出塁。古谷が中前安打でつなぎ、大沢も四球で歩き満塁。そして3番石田。打席に入る前に横道監督の「お前がここで打たなければ誰が打つ」との耳打ちに見事応えてこの日2本目の2塁打をライトオーバーに決めて、代走の川上、古谷が歓喜のホームイン。鮮やかな逆転サヨナラ勝利を決めました。

 詳しくは愛知大学野球連盟の公式ウェブサイトをご覧ください。

< トップに戻る