愛知東邦大学

2022.05.18

女子サッカー部が東海学生リーグでも白星スタート

 女子サッカーの第11回東海女子学生リーグが5月15日からスタートし、愛知東邦大学は同朋大学を6-0で制し白星発進しました。
 同学生リーグには7校(愛知東邦、名古屋経済、中京、静岡産業、至学館、名古屋学院、同朋)が参加。秋のインカレ予選の前哨戦として、6月26日まで総当たり戦6試合ずつが行われます。
◇東海女子学生リーグ(5月15日14:00kickoff、愛知東邦大学日進グラウンド)
 愛知東邦大学6―0同朋大学(3―0、3-0)
 ▽得点 小川真依×2(人間健康学部4年・大阪桐蔭)、三林莉瑳×2(教育学部4年・三重高校)、都筑かんな(人間健康学部1年・聖カピタニオ)、稲垣真衣(教育学部2年・大商学園)
 東海女子学生リーグの開幕戦でした。前半開始1分、ロングシュートのこぼれを#6小川真依が冷静に決め、先制しました。序盤からボールを支配する時間が多く、相手ゴールに攻め込むことができ、さらに2点を追加して前半を折り返しました。
 後半も勢いはそのまま、積極的な攻撃で3点を追加しました。しかし、1対1でゴールを決め切ることができなかったり、相手に攻め込まれたりする場面もありました。大量得点で勝利を収めることができましたが、課題は沢山あるので、次節に向けて、長所をさらに伸ばし、短所を改善していきたいです。応援ありがとうございました。=広報担当・後藤真歩(人間健康学部4年)

< トップに戻る

Instagram You Tube