愛知東邦大学

2022.04.11

野球部は4連勝で首位

 愛知大学野球春季2部リーグ戦は4月9日、10日、第2週の試合が行われ、愛知東邦大学は連勝し、開幕以来4連勝。開幕2週目ながら12チームの首位です。
 9日の同朋大戦では、2点を追う8回、先頭打者の市岡(土岐商業)の本塁打で1-2。毛利、又吉のヒットと田中の犠牲フライで同点。相手エラーで2死1、3塁から代打の2年生清水雄也(いなべ総合学園)がセンター前にはじき返し3-2と逆転。先発の徳久が9回表の同朋の反撃を封じ完投しました。
 市岡は5回、1死満塁のチャンスに併殺打に倒れていただけに「打ててよかったです」と笑顔。代打で決勝点をたたき出した清水も、「気持ちでもっていきました」と喜びを爆発させました。
 10日の日本福祉大戦も1-4と追いかける愛知東邦大が7回に2点、8回に1点を挙げて追いつき、9回には3点の猛攻で7―4と逆転勝利しました。5人の投手リレーでつなぐ苦しい展開でしたが、前日に続き8回に代打で登場の清水が同点タイムリ―。9回には1死満塁の好機に頼れる4番松吉颯生(3年、大垣日大)が2塁打を決め逆転に成功しました。
◇4月9日(愛知東邦大学日進グラウンド)
 同  朋大 000 200 000=2
 愛知東邦大 000 000 03x=3
 (東邦)徳久遼(3年)―松吉颯生(3年)▽本塁打 市岡大知(2年)▽2塁打 西尾洸祐(3年) 
◇4月10日(愛知東邦大学日進グラウンド)
 愛知東邦大 100 000 213=7
 日本福祉大 111 001 000=4
 (東邦)春本祐(3年)、玉井裕一郎(同)、池田和弥(4年)、岩橋球斗(3年)、徳久遼(3年)―松吉颯生(3年)▽2塁打 松吉颯生
 試合の結果、日程等は愛知大学野球連盟公式ウェブサイトもご覧ください。

< トップに戻る

Instagram You Tube