愛知東邦大学

2021.11.03

「言葉で表すことが難しい悔しさです」女子サッカー部

 勝点負けで、インカレ予選は幕を閉じました。2年連続、本戦に出場することが出来ませんでした。自分たちのサッカーができ、いい試合運びをして先制したものの、失点が続き、勝ちに繋げることはできませんでした。

 言葉で表すことが難しい悔しさです。この気持ちを絶対に忘れず、来年に向けて、1から努力していきます。今年度はまだ東海リーグが残っているので、最善を尽くせるよう、チーム一丸となって最後まで頑張ります。

 皆さんのご期待に応えられるよう、来年こそは必ず全国大会に出場します。

 これからも愛知東邦大学女子サッカー部の応援を、よろしくお願いします。本当に応援ありがとうございました。(女子サッカー部広報担当、人間健康学部2年・大道奏)

               ◇      

 女子サッカー部は1030日、2年ぶり8回目出場をかけたインカレ東海予選最終戦に臨みましたが、残念ながら静岡産業大と引き分け、本戦出場はなりませんでした。出場枠2の東海予選は名古屋経済大が勝点1341分)で初優勝、静岡産業大が勝点1132分)で準優勝。愛知東邦大は勝点10311分)で3位に終わり、初戦の名古屋経済大戦での1敗が致命傷となりました。2022年の3年ぶり8回目本戦出場を期待しましょう。

◇第30回全日本大女子サッカー選手権大会東海大会103017:00kickoff、会場非公開)

 愛知東邦大学2 2 静岡産業大(1ー0、1ー2PK(24)

 ▽神谷千菜(人間健康3年・聖カピタニオ女子)×2

< トップに戻る