愛知東邦大学

2021.07.13

コロナ禍で中止の「名東区還暦式」 オンライン配信で藤沢教授が記念講演

 名東区では、還暦を迎えた住民を祝う「六十歳の門出を祝う会~還暦式~」を2015年から開催していますが、2021年1月24日開催予定だった2020年度還暦式はコロナ禍で中止となりました。還暦式を企画した名東区と名東区社会福祉協議会では、愛知東邦大学人間健康学部の藤沢真理子教授の記念講演、吹奏楽団のお祝い演奏などを盛り込んだ動画を作成、78日からYouTubeでの配信を開始しました。

 藤沢教授は「名東区還暦式と地域共生社会」について講演。名古屋市内では唯一開催されている「名東区還暦式」が、民生委員の「地域のために何かしたいと思っている人はいるはず。還暦式は定年後そういう活動をしてくれる人を見つけるきっかけになる」という提案で始まった経緯などを紹介。「国は20214月から、地域共生社会の実現を目指して、重層的支援体制整備事業を施行しており、名東区還暦式は地域共生社会につながるものと期待しています」とメッセージを贈っています。

 藤沢教授はメッセージの中で、「大学では福祉と防災について学生と一緒に勉強しています。防災ゲーム『クロスロード』もYouTubeで配信していますのでぜひご覧ください」とも呼びかけています。

 動画では、この後、地域で活動している3人の報告があり、最後に、愛知東邦大学吹奏楽団が学内で収録した記念演奏「ドレミの歌」で、還暦を迎えた名東区民を祝福しました。

 名東区還暦式は20161月には愛知東邦大学LCホールでも開催されました。吹奏楽団も開催ごとに記念出演し、生演奏を届けており、配信されている動画では「還暦式History」として紹介されています。

 名東区社会福祉協議会作成のYouTube動画をご覧ください。

< トップに戻る