愛知東邦大学

2021.07.01

日進市が愛知東邦大学との連携協働事業でストレッチ動画を作成

 日進市の「広報にっしん」7月号に、愛知東邦大学人間健康学部の4年生4人が実技モデルとして登場する、同市オリジナルスストレッチの紹介記事が掲載されました。同市の健康づくりキャラクター「ヘルピー」にあやかった「ヘルピーストレッチ」です。動画を監修した小島正憲准教授に報告していただきました。

 202012月から3月にかけて「ヘルピーストレッチの動画作成」を行いました。撮影は、愛知東邦大学(研究室およびB102)で行い、協力者は小島・丹下ゼミの学生4人(大杉友哉・太田彩月・長本琉那・原睦季)の皆さんで、ヘルピーストレッチの動画モデルをしてくれました。

 期間は、121日から25日まで本ストレッチにおける内容等の打ち合わせ、15日から31日まで動画撮影を実施、21日から6日まで動画の作成、27日から同26日まで動画を編集し、その後にDVDを作成しました。

 作成後の振り返りとしては、より老若男女に分かりやすい動画を作成できるよう配慮し、「ストレッチの全体動画、ストレッチのパート分け動画」に口頭解説および文字解説も入れて動画を作成しました。配慮と工夫のある分かりやすい動画が作成できたと思います。

 ゼミ皆さん撮影協力ありがとう。大変よく頑張ってくれました。皆の頑張りに感謝します!(小島正憲・丹下悠史)

 愛知東邦大学と連携協力協定を結ぶ日進市では、2020年度提案型大学連携協働事業として「ヘルピーストレッチ動画」を作成しました。
 ヘルピーストレッチには、立って行う「立位編」座って行う「座位編」があり、6分程度でできる手軽な内容です。 コロナ下、我慢の日々が続きますが、動画サイトにアクセスしてリフレッシュしてみませんか。

< トップに戻る