クラブ情報

女子サッカー部が東海リーグ前期戦を2勝3敗で終了

2016/7/22

 160722_4愛知東邦大学女子サッカー部は7月17日、ホームの日進グラウンドで東海1部リーグ前期最終戦に臨みました。NGU名古屋FCユースと対戦し1-0で勝利し、前期戦を2勝3敗で終えました。

 女子サッカー部は今後、3連覇がかかる第40回愛知県女子サッカー選手権大会(兼第38回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会愛知県予選)での9月4日初戦に向け、東海1部リーグと愛知県1部リーグで戦っていたチームが一体となった猛練習に取り組みます。インカレ予選も控えており、東海1部リーグでの次の試合は11月27日の磐田高校戦までありません。

 東海1部リーグ前期の戦いぶりについて米澤好騎コーチは「勝てる試合ばかりだったのにシュートを決めきれなかった。選手たちもずっとシュートへの執念にこだわったが17日の試合でやっと結果が出せた。愛知県選手権3連覇めざし頑張ります」と話しています。

160722_2▽東海1部リーグ(7月17日、愛知東邦大学日進G)

 愛知東邦大学1-0 NGU名古屋FCユース(1-0、0-0)

 前期最終戦ということでしっかり勝ちきれたことはよかった。だが、試合終了間際になるにつれて、間が空いてしまったりパスミスが増えたりなど最後まで走りきる体力が足りないと感じた。米澤コーチが言っていた”シュートまで向かう姿勢”が今回の試合で出すことができたことがこの結果につながったと思う。今日の試合で課題がまた増え、その課題をどう対処していくかを今後の練習で改善していかなければならない。(人間学部2年・佐々木花菜)

 

 

160722_3160722_1