資料請求 受験生の方へ ネット出願
クラブ情報

女子サッカーインカレ 出場枠2かけ4校が7日に最終戦

2020/11/5

 第29回全日本大学女子サッカー選手権大会(インカレ)東海地区予選で愛知東邦大学は11月1日、名古屋経済大学に0-2で敗退しました。この結果、インカレ本戦出場枠の2校は11月7日に行われる予選最終日の名古屋経済大×中京大、静岡産業大×愛知東邦大の2試合で決まることになりました。愛知東邦大が静岡産業大に勝てば7年連続8回目のインカレ出場が決まり、敗退、引き分けの場合、連続出場が途絶えます。

 最終戦2試合は午前11時から名古屋経済大学グラウンド(犬山市)で行われ、第2試合の静岡産業大×愛知東邦大戦は午後1時半キックオフ。

 現地での観戦は、名前と連絡先を当日までに女子サッカー部員または米澤好騎監督に伝えておけばマスク着用で可能です。応援しましょう。

 

◇インカレ東海地区予選第4節(11月1日12:30kickoff、名古屋学院大学グラウンド)

 愛知東邦大学0-2名古屋経済大学(0-0、0-2)

 序盤から激しい競り合いになりました。身体を張って相手にチャンスを作らせませんでした。何度も崩してゴールへ向かうも相手の堅い守備に阻まれ、得点を決めることができず、前半が終わりました。

 後半に入り、失点してしまい、得点を決め切ることができないまま追加点を許してしまい、0-2という結果になってしまいました。

 応援ありがとうございました。 あと、1戦必ず勝って、インカレ出場を勝ち取りたいです。(2年・小川真依)