愛知東邦大学

2020.10.27

東日本大震災で東北に向かった学生たち

 東日本大震災の復興支援では愛知東邦大学でも支援活動の動きが活発化しました。2011年6月には、「教職員・学生ボランティア活動支援委員会」が発足し、参加ルートを問わず、被災地支援に赴いた学生には交通費の一部として5000円を補助する制度が設けられました。

 夏休み以降、大学生協が募集した東北ボランティアに参加した学生は2012年までに21人でしたが、生協ボランティアに限った学生数1000人当たりの参加率は全国トップの18.7%を記録しました。

 「語り継ぐ東邦学園史」の第89回「東日本大震災と愛知東邦大学」をご覧ください。

< トップに戻る