資料請求 受験生の方へ ネット出願
クラブ情報

女子サッカーインカレ予選 7年連続本戦めざす愛知東邦が連勝スタート

2020/10/13

 第29回全日本大学女子サッカー選手権大会(インカレ)東海地区予選が始まり、愛知東邦大学は10月10、11日、日進グラウンドで行われた2試合に勝利し、連勝発進しました。

 東海地区予選は6大学(愛知東邦、至学館、中京、名古屋学院、名古屋経済、静岡産業)が参加して9月26日からスタートし、各校が5戦に挑みます。

 7年連続8回目の本戦出場をめざす愛知東邦大学は10日の初戦は至学館大学に16-0で圧勝しましたが、11日の中京大学戦はPK戦にもつれ込む接戦を制しての勝利でした。11月16日の最終戦まで取りこぼしの出来ない試合が続きます。

 

◇インカレ東海地区予選10月10日(15:00kickoff、愛知東邦大日進G)

 愛知東邦大学16-0至学館大学(9-0、7-0)

 ▽得点 山下和華×3(人間健康4年・聖和学園)、大道奏×3(人間健康1年・藤枝順心)、三林莉瑳×3(教育2年・三重高校)、落合凪琉×2(人間健康1年・聖カピタニオ女子)、伊藤実咲×2(人間健康4年・作陽)、岡樹(人間健康3年・柳ヶ浦)、オウンゴール×2

 序盤から勢いを持って攻めにかかり、大道が1分で先制すると、90分攻める手を休めることなく16-0で勝利しました。

 相手に1本もシュートを打たすことなく、完封しました。個人で課題は出たものの、全体としては良いスタートを切ることができました。

 

◇同10月11日(15:00kickoff、愛知東邦大日進G)

 愛知東邦大学1-1中京大学(0-0、1-1)PK 愛知東邦大学4-1中京大学

 ▽得点 神谷千菜(人間健康2年・聖カピタニオ女子)

 序盤からチャンスをつくるも決めきれず0-0で前半を終えました。後半も決定機を決めきれず、相手のロングシュートが決まってしまいました。しかし、後半36分、廣崎のクロスから神谷が冷静に合わせ引き分けに持ち込むことができました。

 たくさんの応援ありがとうございました!残り3戦絶対勝って東海1位でインカレ出場を決めたいと思います!

(人間健康学部2年・小川真依)

 

【愛知東邦大の今後の対戦校】

10月17日(土)13:00 名古屋学院大(愛知東邦大G)

11月1日(日)12:30 名古屋経済大(名古屋学院大G)

11月7日(土)13:30 静岡産業大(名古屋経済大G)