資料請求 受験生の方へ
お知らせ

小2時代に愛知東邦大での大会で優勝していた藤井新棋聖

2020/7/20

 17歳で最年少タイトル獲得記録を30年ぶりに塗り替えた藤井聡太新棋聖。藤井さんは7歳の小学2年生だった2010年5月、「名東区民まつり」企画として愛知東邦大学で行われた「第6回名古屋小中学生将棋大会」に出場し、低学年の部で優勝していました。高学年の部表彰式が進行中、授与された優勝カップを興味深そうに手にする藤井さんの姿が、愛知東邦大学職員のカメラで撮られていました。10年後、日本中を驚かせる天才棋士となるとは思いもしなかったうれしいワンショットでした。

 続きは「語り継ぐ東邦学園史」の第82回「小2時代の藤井新棋聖」をご覧ください。