資料請求 受験生の方へ ネット出願
クラブ情報

愛知大学野球春季リーグ開幕 1年生新戦力も躍動

2019/4/8

 愛知大学野球2019年春季リーグが開幕し、2部Aリーグの愛知東邦大学は第1週の4月6、7日、名古屋経済大学と対戦し、1勝1敗でリーグ戦をスタートさせました。6日の第1戦では、試合が行われた名古屋商科大学グラウンド(日進市)に、午後からの練習試合を前にした女子サッカー部員たちが全員で駆け付け応援しました。
 第1戦で東邦は、捕手で4番に入った山下弘忠(3年、名経大市邨㉕)が2塁打2本を含む5打数5安打を放つなど13安打の猛攻で6点。投げては野田晃誠(3年、大垣日大⑮)が9安打を許しながらも3点に抑え完投しました。
 第2戦では東邦の新戦力が躍動しました。名経大に2ー5とリードされた4回裏のピンチに3番手としてマウンドに上がった1年生の清水達哉(健大高崎㊴)が名経大打線を1点に抑えて流れを断ち切り、8回まで追加点を許しませんでした。
 清水の好投で打線に弾みがついた東邦は7回に山﨑啓吾(3年、三重⑨)がレフトに本塁打。9回には1死2、3塁からやはり1年生でショート9番に入った又吉李樹(嘉手納㉓)がセンターオーバーの3塁打を放ち6-6の同点。さらに大沢登生(4年、大垣日大⑥)がスクイズを決め7-6と逆転しました。しかし、9回裏、清水をリリーフした野田がリードを守り切れず同点とされ、タイブレークの延長10回、8-9で破れ、連勝スタートはなりませんでした。
 ◇第1戦(6日・名商大グラウンド、10時~12時38分)
  名古屋経済大 001 000 011=3
  愛知東邦大  100 130 01x=6
 (東邦)野田―山下▽2塁打 山下2、西川
 ◇第2戦(7日・名商大グラウンド、13時20分~16時42分
  愛知東邦大   000 200 113 1=8
  名古屋経済大 212 100 001 2=9
  (東邦)中村励、中村瑠、清水、野田―山下▽本塁打 山﨑▽3塁打 又吉▽2塁打 角山

  愛知大学野球連盟ウェブサイトもご覧ください。