資料請求 受験生の方へ
お知らせ

「東洋経済」オンラインで愛知東邦大学生のキャリアインカレ健闘を紹介

2019/2/26

「東洋経済」オンラインに2月25日掲載された「受験や就職で不可欠な『PBL』の学びとは何か」という記事で、1月に東京で開催された「キャリアインカレ」に出場した愛知東邦大学経営学部地域ビジネス学科2年生の山本玲子さん、水野真衣さんの健闘ぶりと、指導した手嶋慎介准教授のコメントが紹介されています。
 以下、掲載記事の抜粋です。

 <大学生が出場するビジネスコンテスト「キャリアインカレ」にも変化があった。これまで常連だった東京大学や慶應義塾大学のチームが決勝大会まで進めず、途中敗退したのだ。
 一方、名古屋市にある愛知東邦大学の2年生の女子学生2人組が決勝大会まで進出し、インターネット生放送1万人の視聴者の前で、堂々としたプレゼンテーションを披露した。
 経営学部など3学部を擁する愛知東邦大学では、PBLや地域密着型授業などの取り組みを積極的に行っており、他大学の学生と競争をさせるために、キャリアインカレにも挑戦しているという。指導にあたった同大学経営学部地域ビジネス学科の手嶋慎介准教授は「PBLをはじめとしたチーム別での取り組みは、挑戦の場を求める主体性のある学生だけでなく、そうでない学生への刺激にもなる。何事にも失敗を恐れず、試行錯誤しながらチャレンジし続けてほしい」と語る。>

詳細はオンライン記事をご覧ください。