クラブ情報

吹奏楽団が売木村で9回目のミニコンサート

2018/8/10

 愛知東邦大学吹奏楽団は8月9日、長野県売木村にある同村文化交流センター「ぶなの木」で、今年で9回目となる「売木村ミニコンサート2018」を開催しました。
 コンサートは、1部コンサートステージ、2部はソロ・アンサンブルステージ、3部はマーチングステージ、4部は売木村ステージのプログラムで、アンコールの「Can’t Help Falling In Love Closer」を含め、全20曲を披露しました。1部と2部では部員14人に加えて、東邦高校マーチングコースの生徒16人も加わり迫力ある演奏となりました。3部のマーチングステージでは曲に合わせて参加者に早口言葉で語ってもらい、マイクを向けられた参加者は戸惑いながらも果敢にチャレンジし会場をわかせました。

 来場者は、売木村役場の方々や住民の皆さんを始め、名古屋からかけつけた東邦学園関係者や生徒・学生の家族ら約40人。恒例となった「うるぎ音頭」では、高校生も加わり例年以上に大きな踊りの輪となりました。
 団長の花木珠里さん(経営学部4年)は「短い時間で演奏をまとめあげなければならず大変でしたが、会場の方々と一体感がもてました」と話していました。