資料請求 受験生の方へ ネット出願
クラブ情報

前期最終戦は9-0 東邦が東海女子サッカーリーグ3位で後期へ

2018/8/7

 東海女子サッカー1部リーグ戦第5節で愛知東邦大学は8月5日、伊賀FCくの一サテライトと対戦し、9-0で圧勝しました。 リーグ戦は前期を終了し、愛知東邦大学は3勝1敗1引き分けで勝ち点10。勝ち点13の常葉大橘高校、同12の藤枝順心高校の静岡県勢に続いて3位での折り返しとなりました。
 女子サッカー部は8月21日から23日まで兵庫県で、大阪国際大など3校との遠征試合に臨みます。8月26日からは5年連続6回目出場をめざす2018年インカレ予選がスタートします。5日のゲームリポートは田中梨華さん(教育学部2年生)です。

▽東海リーグ第5節(8月5日10:00kickoff、愛知東邦大日進G)
 愛知東邦大学9-0伊賀くノ一サテライト(3-0、6-0)
 得点者:宮里留衣(4年)3点、佐々木花菜(4年)、大瀧まゆう(2年)、松枝千夏(2年)、伊藤実咲(2年)、山下和華(2年)、田中梨華(2年)

 前半は立ち上がりから良い流れで点を取れました。しかし、その後はペースが落ち、追加点ができませんでした。ボールを繋ぐところでミスが目立ち、簡単に取られてしまう場面が多かったように思います。

 後半からは徐々にパス回しのテンポも上がり、いい流れから点を取ることができました。攻撃の幅と判断スピードも上げることができたと思います。
 東海リーグ前期最後の試合を勝利で終えることができ、よかったです。今後の課題は、いい流れを止めず、自分たちのサッカーを続けることだと思いました。
 後期の東海リーグは9月2日(日)、愛知東邦大学日進Gで13:30kickoff で常葉大学附属橘高校と対戦します。
 また、インカレ予選の初戦は8月26日(日)、名古屋学院大学Gで至学館大学と対戦します。11:00kickoffです。
 まだまだ続く猛暑の中ではありますが、応援の程よろしくお願いします。