愛知東邦大学

2017.08.24

吹奏楽団が売木村演奏、広小路パレードに続き26日に東邦高校で納涼音楽祭

 愛知東邦大学吹奏楽団は8月11日、長野県売木村の文化交流センター「ぶなの木」で売木村ミニコンサート2017」を開催しました。楽団は前日から現地入りし、東邦学園の校外学習施設である「売木山荘」に宿泊し、ミニコンサートに臨みました。
 8回目となる「ミニコンサートには約40人が訪れました。名古屋からも愛知東邦大学の教職員や、卒団生、保護者らが訪れ、子どもからお年寄りまで幅広い年齢層の皆さんにコンサートを楽しんでいただきました。
 4部構成で、ソロ・アンサンブルや毎年好評のマーチングと様々なジャンルや形式で演奏演技を披露。初の試みとして、東邦高校吹奏楽部マーチングバンドコースも参加し、より迫力のある演奏をお届けすることができました。
 吹奏楽団1年生の佐々木明日翔さんは(教育学部)は、「演奏し終わった後、来てくれた方々の顔や反応を間近に感じることができとても嬉しかったです」と話していました。

 愛知東邦大学吹奏楽団と東邦高校吹奏楽部マーチングバンドコースは8月19日、名古屋の伏見から栄までの広小路パレードに昨年に引き続きと合同で出場しました。パレードはいつもの演奏演技と違い、見ているお客様がその場ごとで変わります。その一瞬を大切にして私たちの音楽を楽しんでもらえるよう、練習を重ねてきました。東邦ならではの独特なアクションやステップを魅せることができ、沿道の皆さんから大きな拍手や声援をいただきました。1時間近いパレードで誰も欠けることなく全員で最後までパレードをすることができました。
 年間を通して本番は様々ですが、パレードをする機会は少ないので貴重な経験にもなりました。
 8月26日には東邦高校で行われる恒例の納涼音楽祭(午後6時~7時半) にも参加させていただきます。愛知東邦大学吹奏楽団、東邦高校吹奏楽部マーチングバンドコース、猪子石中学校吹奏楽部のそれぞれの単独ステージに引き続いて3バンド合同の演奏演技をお届けしますので、ぜひお越しください。(地域連携センター・濱野梓)

< トップに戻る