愛知東邦大学

2017.05.15

野球春季リーグ 愛知東邦は4位で終戦

 愛知大学野球春季2部Aリーグは5月14日に行われた3試合で全日程を終了しました。愛知東邦大学はすでに1勝している星城大学と対戦し、角山の先制2ランホームランなど東邦らしい攻めの野球を見せて8-3で快勝しました。愛知東邦大学はこれで5勝5敗となり、4位でシーズンを終えました。
荻巣幹典コーチは「GW中の名古屋学院大、至学館での連敗が痛かった。ミス絡みで勝てる試合も落としてしまったが、根本的には力不足でした。新人戦もあり、課題を検証して秋に向けて立て直したい」と話しています。

愛知大学野球春季2部Aリーグ最終戦
▽5月14日(日) 日進G

 東邦 201 021 020=8
 星城 000 030 000=3
▽バッテリー 米澤、倉員、安藤、武次―山居、黒川▽本塁打 黒川▽三塁打 古谷▽二塁打 角山

 角山が初回に左中間に先制2ランホームラン。3回には石田のタイムリーヒットで3点目。5回には角山のセンター直撃の2塁打などで2点を追加した東邦は6回にも1点、8回にも 2点を加えて星城を突き放しました。投手陣は米澤が5回を3点に抑え、6、7回は倉和が星城を無失点に抑え反撃を絶ちました。8回には初登板の3年生安藤、9回武次とつなぎ星城の追加点を許しませんでした。

春季2部Aリーグ順位
 ①名古屋学院大(8勝2敗)②至学館大(7勝3敗)③同朋大(6勝4敗)④愛知東邦大(5勝5敗)⑤愛知学泉大(3勝7敗)⑥星城大(1勝9敗)

< トップに戻る