愛知東邦大学

2022.03.25

「売木村・愛知東邦大学 学び合い協働事業報告書」を発行

 愛知東邦大学では2021年度、「長野県売木村の地域人材育成と地域活性化」および「愛知東邦大学の教育と地域貢献」を目的にして、「売木村・愛知東邦大学 学び合い協働事業」(業務委託契約)を実施しました。その事業成果を取りまとめた「学び合い協働事業報告書」(全229頁、カラー刷)を315日に発行しました。

 実施した学び合い協働事業は、①売木村の実務家講師12人が担当教員とともにオムニバス形式で様々な分野・テーマで実践的な講義を行った「売木村寄附講座『地域振興論』」売木村と愛知東邦大学による「包括連携協定締結式」「全国各地の災害避難・救援の教訓からの学び」をテーマに担当教員が売木村住民等に講義を行った「愛知東邦大学公開講座 in 売木村」売木村の「人財発掘・育成」をテーマに、担当教員のコーディネートのもと、売木村の村長・職員・議員・住民等と本学の学長・理事長・学生が参加型円卓会議でディスカッションを行った「売木村創生シンポジウム ~売木人財発掘・学び合いをめざして~」などです。

 「学び合い協働事業報告書」では、協働事業それぞれの様子を報告するとともに、売木村寄付講座「地域振興論」の各回の講義資料と学生たちの「更なる売木村を創って行くための提案」等のレポート全文を掲載しています。担当教員である経営学部の今瀬政司准教授は、「学生たちがレポートで書いた売木村創生への提案等が様々な形で生かされ、具現化されて、売木村の更なる発展の一助となることを期待しています」と述べています。

 印刷製本した事業報告書は、売木村の住民や地域振興に取り組む方々に広く配布されています。デジタル版の報告書も発行して、今瀬研究室ホームページで印刷製本版と同じものがダウンロードできます。

 

< トップに戻る

Instagram You Tube