資料請求 受験生の方へ
お知らせ

甲子園「ブラバン応援ベスト9」の1位は東邦高校

2016/8/25

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA『高校野球を100倍楽しむ ブラバン甲子園大研究』(文藝春秋)の著者で、高校野球を応援するブラスバンド部の活躍ぶりを取材し続けている梅津有希子さんが、スポーツ誌『Sports Graphic Number』の公式サイト『Number Web』で、今年の夏の甲子園の応援スタンドを沸かせた「ブラバン応援の“ベスト9”」を発表しています。堂々の1位に輝いたのは東邦高校吹奏楽部でした。

 梅津さんは今年も灼熱のアルプススタンドで、心を込めての演奏を繰り広げた全出場校のブラバン応援を観戦。その中から特に印象に残った“ベスト9”を紹介しています。

 9位から順に⑨大曲工業(秋田)⑧前橋育英(群馬)⑦八戸学院光星(青森)⑥関東一(東東京)⑤横浜(神奈川)④佐久長聖(長野)③常総学院(茨城)②市立尼崎(兵庫)の熱演に拍手を送った梅津さんが1位として絶賛したのが東邦高校でした。「さまざまな見方や楽しみ方がある高校野球。スタンドで応援する生徒たちも、“音楽の力”で心からのエールを送り、ともに戦っている」として、チームを逆転サヨナラの奇跡に導いた東邦高校吹奏楽部の“音楽の力”をたたえています。

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA「2回戦の八戸学院光星戦では、9回裏で4点差を返した奇跡の大逆転劇が話題となったが、後押ししたのは、紛れもなく応援の力だった。9回裏の攻撃が始まる前から、東邦の演奏に合わせて、球場全体から自然発生的に手拍子が巻き起こったのだ。甲子園の応援史に残る、奇跡が起こった時。東邦アルプスとともに、球場のあちこちで観客がタオルを振り回すという、一種異様ともいえる光景。甲子園ファンはよく判官贔屓と言われるが、まさにこの時点では絶望的に負けている東邦を、多くの観客が応援していたのだ」――(抜粋)。

 記事では、梅津さんインタビューに、「あんなことは初めてで鳥肌が立った。とても力になり、逆転した時には涙が出ました」という吹奏楽部顧問の白谷峰人さん(愛知東邦大学学生課職員)のコメントも紹介されています。

詳しくは同誌の公式サイト『Number Web』をご覧ください。

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA