愛知東邦大学

2021.10.28

学術情報センター読書週間イベントが「たっちゃんの紙芝居」でスタート

 学術情報センターによる「読書週間」イベントが今年も始まりました。イベント初日を飾ったのは、〝熱血紙芝居師〟として人気の川上竜生さんによる「マーガレット一家 たっちゃんの紙芝居」公演で、1027日の昼休み(1220~1255分)、LLCホールで上演されました。

 今年で11回目を迎える、学術情報センターでの紙芝居パフォーマンスですが、「紙芝居」という概念を壊すほどの面白さは、毎回アップデートされ留まることを知りません。

 今回、LLCホールにて上演されたのは、「ももももももたろう」「さよならさんかくまたきてしかくNew」の2作品。「ももももももたろう」は、紙芝居の先のストーリを想像する、参加型スタイル。それぞれのフリップに書かれた回答に対する、川上さんの絶妙なツッコミに、会場のあちこちから笑いが沸き起こりました。

 また、今年も新型コロナウイルス感染対策として、「3密」を避けながらの開催となりましたが、「さよならさんかくまたきてしかくNew」では、距離を感じさせない演出に、会場が一体感で包まれ、大いに盛り上がりました。

 終演後には、川上さんから学生へ向けて「辛い状況でもあると思いますが、繋がりたいという気持ちがあり、やれることを全部やれば、繋がることができます」との心強いエールをいただきました。

 L棟では、1027()119()の日程で、「読書週間」イベントを開催しています。引き続き、学生による「読み聞かせコンクール」や、「スマフォトコンテンスト人気投票」、学生ワークスタディによる「テーマ展示」など、楽しい企画を用意しています。ぜひ参加して、読書の秋を満喫してみてはいかがでしょうか。(学術情報センター)

 

< トップに戻る