愛知東邦大学

2021.04.17

2021シーズン 男子サッカー部が新たなスタート

 2021年度東海学生サッカーリーグ2部が4月17日開幕し、愛知東邦大学男子サッカー部は石渡靖之総監督、氏原良二監督の新たな指導体制でスタートしました。

 日進グラウンドで行われた初戦の対戦相手は常葉大学静岡キャンパス。試合は雨の中、午前10時キックオフ。愛知東邦大は前半11分に尾関龍世(2年)、13分にも鵜飼陸哉(3年)の米沢中央出身の2人が立て続けにゴールを決め、2-0で勝利しました。

◇東海学生サッカーリーグ2部第1節(4月17日、愛知東邦大学日進グラウンド)

 愛知東邦大学2-0常葉大学静岡キャンパス(2-0、0-0)

 ▽得点者 尾関(2年)、鵜飼(3年)

 

日々努力し成長する集団めざす

 新たな指導体制でスタートしました。また、新型コロナウイルス感染症の影響のある中で、東海学生サッカーリーグ2部リーグ初戦を勝利で飾り幸先の良いスタートを切ることができました。これもひとえに理事長、学長をはじめとする学園・大学関係者の皆様方のご理解・ご支援のおかげであり、サッカー部一同大変感謝しております。

 今シーズンの目標は2部優勝、1部昇格ですが、サッカー部の最大の目標は、サッカーを通じての人間的成長であり、学業面でも努力を惜しまず、充実した学生生活を送り、4年間で成長し社会で有用な人材となることです。

 この目標達成のために1日1日を大切に、感謝の気持ちを忘れず日々努力し、成長する集団を目指していきます。

 

学園サッカー部総監督 石渡靖之

 

 

 

 

 

< トップに戻る