資料請求 受験生の方へ
学部・学科

「学生観光まちづくりアワード」で伊神・井藤チームは健闘及ばず奨励賞

2020/3/23

 経営学部地域ビジネス学科宮本ゼミ生が3月18日、名古屋市中区のナディアパークデザインホールで行われた愛知県主催の「あいち学生観光まちづくりアワード」の最終審査で発表を行いました。
 発表を行ったのは3年生の伊神・井藤チームで、発表タイトルは「抹茶といえば西尾市!抹茶の都 DE キャンドルナイト」。2人は今回のアワードに向けて11月にフィールドワークを行い、書類選考通過後にはプレゼン用のスライドを作り、経営学部の上條先生、手嶋先生、吉村先生の前で発表をしてアドバイスをもらったりしながら、修正に修正を重ねて当日を迎えました。
 この日、最終発表を行ったのは愛知東邦大学のほか、中京大学、名古屋外国語大学(2チーム)、名古屋短期大学の計5チーム。今年度は、新型コロナウィルス対策の関係でイベントの規模が縮小され、審査員、愛知県の関係者、そして参加大学の学生・教員の前での発表となりましたが、昨年以上にレベルの高い発表ばかりでした。そんななか、伊神・井藤チームも堂々と素晴らしい発表をしてくれました。
 最優秀賞は名古屋外国語大学のチームによる「Aichi Beauty Change ~愛知の魔法にかけられて~」。本学は惜しくも「奨励賞」でしたが、最優秀賞に選ばれてもおかしくない出来栄えでした。本人たちも、緊張しつつも貴重な発表の場を楽しんでくれたようです。

 今回のアワードに向けて取り組んだ経験は、彼らの成長につながったものと確信しています。(経営学部・宮本佳範)