資料請求 受験生の方へ
お知らせ

車いすバスケの田中さんが東京パラリンピックの愛知県強化指定選手に

2016/6/15

20160615_03 2020年東京パラリンピックをめざす愛知県強化指定選手38人の認証式が6月14日、愛知県庁で行われ、男子車いすバスケットボール強化指定選手に選ばれた愛知東邦大学経営学部地域ビジネス学科3年生の田中秀弥さんも出席し、大村秀章知事らから激励を受けました。

 認証式では選手を代表してパワーリフティングの大堂秀樹選手(リオデジャネイロパラリンピック出場内定)に大村知事から認定証が授与されました。

 大村知事は「一人でも多くの選手が東京パラリンピックで活躍し、愛知県民に勇気と感動を与えてくれる活躍を期待しています」と選手たちを激励。選手を代表して柔道の廣瀬誠選手(リオデジャネイロパラリンピック出場内定)とカヌー競技の加治良美選手が誓いの言葉を述べました。大村知事は選手たちとの記念撮影の後、選手一人ひとりに声をかけながら激励。補助杖で出席した田中さんとも握手を交わしながら激励の言葉を贈りました。

20160615_05

 田中さんら強化選手の指定期間は1年ですが、遠征の際の交通費や宿泊費、競技用車いすの補修費などの補助も大きな励みになるそうです。田中さんは、同じ車いすバスケットボールの強化指定選手に選ばれた先輩選手の竹内厚志選手らからの祝福を受けながら、「東京パラリンピック出場への最初のステップである強化指定選手に選ばれたことに恥じないように頑張ります。期待に応えられるよう週3回の練習にもっと力を入れていきます」と話していました。

20160615_04

20160615_02